『解説』
穂井田直美(コンピュータ・サロン勤務)

 岡嶋二人を一言で表現するなら、多彩な推理作家としかいいようがない。
 本格ものからサスペンスものまで、シリアスな作品があれば、ユーモラスな作品もある。扱っている題材も多様である。競馬界や野球界を舞台にした作品があれば、新興住宅地での日常的な生活の中にひそんでいた犯罪もある。
 そのような岡嶋作品の特色の1つに、コンピュータとの関わり合いがある。しかも多彩な作家にふさわしく、さまざまな角度からコンピュータと取り組み、読者を楽しませてくれている。たとえば、ミステリー・ゲーム・ブックともいえる実験作『ツァラトゥストラの翼』(講談社)、ハイテク機器を駆使して完全犯罪の可能性を追求した『99%の誘拐』(徳間書店)、SFを越えたトリッキーなミステリーである『クラインの壺』(新潮社)など、コンピュータを材料にしたミステリーの調理法は多様である。そして、『コンピュータの熱い罠』は、コンピュータを中心とした情報化社会が抱えている問題をテーマにし、社会派的な味つけをした作品である。

 大手企業グループの系列下にある結婚相談所に、ある日、失踪した兄嫁に関するデータを見せてほしいと、中年の女性がやってくる。そのとき応対に出た夏村絵里子は、その女性が路上で刺殺されたために、結婚相談所の登録者のデータに疑問を持ち、思わぬ事件に巻き込まれる。意外な展開を見せるストーリーは、読んでいただければ充分に堪能してもらえると思うが、ここでは特に興味を惹いた2点について述べたい。

 まず、コンピュータが持っている危険性について、警鐘している点である。気がつかないうちにプライバシーが侵害されているかもしれないという問題提起がされているのだが、作品の軽快な流れを乱すことなくなされている。その点が素晴らしい。なぜなら、情報化社会の抱えている問題点が、未消化なまま直接的な表現で書かれているために、その部分が浮き上がっているのを残念に感じた作品が少なくないからだ。
 絵里子は、結婚相談所のシステムの中に異常な部分を見つける。『トロイの木馬』と呼ばれるコンピュータ犯罪の手口の1つである。上からの命令で、そのプログラムを忍びこませたと告白する人物の言葉を借りて、作者は情報化社会が抱えている問題を伝えている。結婚相談所に会員登録してある絵里子の恋人の市川輝雄のデータは、彼が自分で記入したデータ以上のものが集められていた。グループ内にあるコンピュータから、彼に関するデータがひそかに集められていたからだった。
「情報をどれだけ多く集め、どれだけ効率のいい形にして蓄え、要求されるさまざまな用途に供給できるか。それが求められている……情報を持っていない企業は生き残れないからだ。……特に、個人情報の入手にはどこでも力を入れている」
 ここで、作者は新たな段階に進んだコンピュータ犯罪を描いている。その行為は、ハッカーと呼ばれるコンピュータ・マニアの個人的な犯罪を越え、企業犯罪になりうる危険性をはらんでいる。事実、情報をビジネスの武器として積極的・能動的に活用していこうという動きは、戦略的情報システムと呼ばれ、現在、最も注目を集めているコンピュータ活用技術の1つになっている。しかも、会社のためという名目はサラリーマンにとって陥りやすい哀しい罠でもある。そこに、コンピュータに関する作者の地についた深い見識力をみることができる。

 第2点は主人公の夏村絵里子の生きる姿勢である。
 岡嶋二人の描く女性は、いきいきとしていて魅力的であることは定評のあるところだが、絵里子も例外ではない。彼女はどこにでもいそうな、明るい現代っ子である。システム・エンジニアやプログラマとして働く女佐が増え、OLがワープロやパソコンを使えるというのが珍しくなくなった今日、普通の女性であるほうがかえって現実的なような気がする。4年前にカッパ・ノべルスで読んだときよりは、その意を強くしている。
 コンピュータの絡んだ犯罪に巻き込まれ、命を落としたかもしれないほどの危険な目に会った後、彼女は以下のように語っている。
「コンピュータというものがほんの少しわかってきたの。というか、今までわかっていると思っていたことが間違いだったって気がついたのよ。あたしはコンピュータの技師よ。これからも、そういう仕事をしていく。センターは辞めたけど、自分の仕事を捨てたわけじゃないわ。あたし、コンピュータが大好き」
 絵里子は結婚相談所を辞めたが、コンピュータの仕事を辞めたわけではない。これこそ、情報化社会での生き方ではないだろうか。
 コンピュータが絡んだ犯罪や問題では、コンピュータは単なる道具にすぎなく、それを利用している人間に原因がある。コンピュータが普及してゆくにつれ、私たちはさまざまな問題に遭遇するだろう。そのようなとき、コンピュータが悪いのだと否定的にとらえるよりは、犯罪や問題の原因に目を向けるべきではないだろうか。
 ふっきれちゃったと、主人公が新しい生活に向けて歩み始めたところでこの作品は終わっている。その主人公の姿勢に、情報化社会に対する作者の建設的な提案を読むことができる。
 最後に、ミステリーの中にコンピュータを取り込む場合、大きなハンディがあることを書いておきたい。コンピュータ技術は急激に進歩しているために、小説の中に出てくるコンピュータが陳腐化してしまうことである。コンピュータ技術が犯罪の手段として大きな役割をはたしている場合、時がたつにつれ、そのトリックは古めかしくなり、作品にとってハンディになるだろう。
 しかし、コンピュータが社会に与える影響や問題を扱う場合、主役は人間であるために、テーマが古くなることはない。事実、1989年12月に発表された総理府の調査によれば、約六割の人がプライバシー侵害が増加していると感じている。4年前の調査と比べれば約2割の増加になる。
『コンピュータの熱い罠』が警鐘として描いている罠は、これからもホットであり続けるだろう。