『解説』
二上洋一

 この作品が、「5WIH殺人事件」のタイトルで、双葉ノベルスの一巻として出版された昭和60年は、日本の推理小説界にとって、実り多い年であった。
 岡嶋二人氏は、本作品の他は「チョコレートゲーム」「とってもカルディア」「ビッグゲーム」「ちょっと探偵してみませんか」などを上梓し旺盛な筆力を示していたし、宗田理氏の「ぼくらの七日間戦争」、小松左京氏の「首都消失」、草野唯雄氏の「消えた郵便配達人」、小杉健治氏の「陰の判決」、夏樹静子氏の「Mの悲劇」、東野圭吾氏の「放課後」志水辰夫氏の「背いて故郷」、赤瀬川隼氏の「潮もかなひぬ」など、いろいろのジャンルの力作、話題作が世に出た年であった。
 事実、岡嶋二人氏の「チョコレートゲーム」、志水辰夫氏の「背いて故郷」は、翌61年度、第39回の日本推理作家協会賞・長篇部門賞を受賞する。
 しかし、「5WIH殺人事件」として発表されたこの作品も、決してそれに劣るものではなかった。
 WHO(だれが)、WHEN(いつ)、WHERE(どこで)、WHY(なぜ)、WHAT(なにを)、HOW(いかに)の6つの要素は、推理小説にとって必要不可欠の条件である。
 岡嶋二人氏は、6つの章立てを、この6つの要素を置くことで、1篇の本格推理小説を組み立てたのである。無論、これらの要素は緊密に共鳴し合い、緻密に絡まり合わなけれは、秀れた小説にならないのは自明である。岡嶋二人氏は、この難事を見事にやりとげたのであった。私が、「チョコレートゲーム」にも、決して引けを取らないと断言した理由は、ここにある。
 岡嶋二人氏の小説技術の巧さは、すでに定評のあるところである。
 昭和57年、第28回の江戸川乱歩賞を受賞した「焦茶色のパステル」は、デビュー作で、早くも、その特徴を、いかんなく示してくれている。
 選評を、いくつか引用してみる。
 生島治郎氏は、〈「焦茶色のパステル」は新人らしからぬ見事な作品である。ストーリィの展開の仕方と言い、伏線の張り方と言い、申し分がない。私はこの作品こそ乱歩賞にふさわしい作品だと思った。他の詮衡委員から、あまりにも手なれすぎているという意見もでたが、この作者は自分の世界をちゃんと持っていて、その世界はこの作者独自のものであり、既成作家の世界のどれにも似ていない。そういう意味での新人らしからぬ味は大いにけっこうである。今後の活躍が楽しみな新人である〉と書く。
 また、西村京大郎氏は〈「焦茶色のパステル」は、もっとも安定していた。文章も読みやすく、サラブレッドの血統を問題にしたストーリィも面白い。ハイミスと中年の人妻(夫を殺されて、すぐ未亡人になってしまうのだが)2人が探偵役というのも、変っていて、楽しかった。2人のお喋りが楽しいのである。トリックもあり、意外などんでん返しあり、活劇場面もありで、うまく出来すぎているのが、難といえば難であるが、とにかく、この人は書ける人である〉と書いている。
 小説が巧すぎて、決して悪いことはない。推理小説においても、それは例外ではない。
 岡嶋二人氏の特徴は、「焦茶色のパステル」で、既に、明示されていたのであったが、以後それが一層磨き上げられた形で作品化されたのであった。
"5WIH"という、いわば推理小説の基本項ともいうべき要素を各章の見出しにし、1篇の推理小説を構成した「解決まではあと6人」は、従って岡嶋二人、氏の意欲の表明であると同時に、それを可能にした才能の証明でもある。
 昭和58年に上梓した「七年目の脅迫状」で著者の言葉に、岡嶋二人氏は、こう書いた。
〈どうも「謎」というやつには、麻薬のような作用があるらしい。この妖しい魅力に取り憑かれたら、脳味噌をすべて摘出してしまわない限り、逃れることなど到底できやしない。そのいい例が私である。謎を見せられているだけでは飽き足らなくなって、とうとう自家製造するようなことにまでなってしまった、私は、いま密かに、この「謎中毒」を、あなたにも伝染させようと企んでいるのである〉と。
 謎中毒大いに結構、それこそ推理小説の魅力であり醍醐味ではないか!!
 そして、その謎を構成するのが、WHO、WHEN、WHERE、WHY、WHAT、HOWの6つの要素なのである。謎中毒になるような魅惑的な謎が、軽妙な会話や読みやすい文章や、さりげない伏線や、魅力的なトリックとして随所に嵌められ、素晴しい作品になる。それが岡嶋作品の魅力なのであった。
 ところで、岡嶋二人氏のデビューは、「焦茶色のパステル」が江戸川乱歩賞を受賞した昭和57年である。
 これも有名なことだが、岡嶋二人は2人合作のペンネームであり、"おかしなふたり"をもじったものだといわれている。1人は、昭和18年生まれの徳山諄一氏、そしてもう1人は昭和25年生まれの井上泉氏で、どちらも東京都出身である。
 徳山氏は法政大学中退、井上氏は多摩芸術学園中退、それからいろいろの職を転々とし、2人が結びつき、作家としての道を歩み始めたのであった。
 2人合作といえば、すぐに、エラリー・クイーンやボワローとナルスジャックが例に出されるが、今更らしく書くこともあるまい。ただ、岡嶋二人氏の作品の幅が広いのは、2人合作であることと、いろいろな転業を経験したことと無縁ではないかもしれない。
 ディック・フランシス風の競馬ミステリー「焦茶色のパステル」でデビューした岡嶋二人氏は、昭和58年には、八百長レースを強いる脅迫状にからみ2億円のサラブレッドが殺された「七年目の脅迫状」、3億2千万円のサラブレッドが盗まれ、2億円の身代金を思いがけない見事な方法で奪う「あした天気にしておくれ」を世に出した。
 翌59年には世界ジュニア・ウエルター級タイトルマッチの2日前オイが誘拐され、チャンピオンをノックアウトで倒せの脅迫状が届き、高まるサスペンスを描いた「タイトルマッチ」、新人歌手が誘拐され、1億円の身代金が要求される「どんなに上手に隠れても」、短篇集「開けっぱなしの密室」が出版された。
 昭和60年から63年にかけては、たとえば、野球を素材に「ビッグゲーム」「殺人!ザ・東京ドーム」、ボクシングを扱った「ダブル・ダウン」、コンピュータをテーマに「コンピュータの熱い罠」「99%の誘拐」、核シェルターの中に閉じこめられた男女を描く「そして扉が閉ざされた」、サスペンス・ミステリーの「殺人者志願」、密室の中に死体だけが残り、犯人と凶器と身代金が消えた「七日間の身代金」、2日間の空白を追う「珊瑚色ラプソディ」、そして推理ゲーム形式の「ちょっと探偵してみませんか」まで、質量共に充実したラインナップが並んでいる。
 岡嶋二人氏は、今、最も注目される作家であることは論を俟たない。
「解決まではあと6人」は、その岡嶋二人氏の特質を、最も良い形で示した代表的な作品である。それは、一読してみれば、自明なことであろう。
 蛇足でつけ加えるならは、私は、お遊びで年賀状に前年度の推理小説ベスト10を書くのが恒例である。勿論、私の好みが色濃いリストになるのだが、昭和60年は、「5WIH殺人事件」がトップであった。その意味では私の大好きな作品といってよい。