開けっぱなしの密室

 
収録作品:初出誌

「罠の中の七面鳥」小説現代1982年10月号
「サイドシートに赤いリボン」別冊小説現代1982年冬号
「危険がレモンパイ」小説推理1983年5月号
「がんじがらめ」週刊小説1983年6月3日号
「火をつけて、気をつけて」小説現代1983年11月号
「開けっぱなしの密室」EQ1983年11月号(No.36号)

 
発行:講談社 1984年6月4日
装幀:長尾みのる
定価:945円
ISBN-10: 4062012529
 
発行:講談社文庫 1987年7月15日
解説:新保博久
解説を読む
カバー装画:長尾みのる
定価:540円
ISBN-10: 4061840169

著者のつぶやき

 岡嶋二人の最初の短篇集です。
 職業作家としてデビューして、書き始めたばかりの一年間に書いた短篇小説を掻き集めました。
「罠の中の七面鳥」は、それまで長篇しか書いたことがなかった岡嶋が、初めて挑戦した短篇です。
 これらを書いていたころ、僕たちは本当に必死でした。まだまだ素人から抜け出せていないチンピラが、しがみつくようにして書いた作品たちです。