あくむ

 
収録作品:初出誌・小説すばる

「ホワイトノイズ」1991年12月号
「ブラックライト」1992年3月号
「ブルーブラッド」1992年8月号
「ゴールデンケージ」1992年12月号
「インビジブルドリーム」1993年4月号

 
発行:集英社 1993年6月25日
装幀:安彦勝博
カバー写真:関島康生
定価:1,427円
ISBN-10: 4087740145

 

 
発行:集英社文庫 1996年8月25日
解説:我孫子武丸
解説を読む
装幀:安彦勝博
カバー写真:関島康生
定価:510円
ISBN-10: 4087485072

著者のつぶやき

 週刊新潮の連載と『ダレカガナカニイル…』の出版はありましたが、岡嶋をやめた後、しばらくはどの出版社からも声がかからなくなりました。最もショックだったのは、岡嶋二人のデビュー当時からずっと一緒に仕事をしてきた某編集者が「井上さんは雑文でもなんでも書いてやっていけるでしょうけど、徳山さんは小説のアイデアを持っていても原稿が書けないのが心配ですね」と言ったことでした。その言葉で、僕が岡嶋二人のどんな役割だったと認識されていたかを知りました。岡嶋二人の本質は徳山で彼が作品を作り、井上はそれを原稿に代筆しているだけだと見られていたのです。実際、徳山のほうには、原稿の依頼や、新たな合作チームの申し入れなどがいくつもあったようですが、僕のほうにはなにひとつありませんでした。いくつもの編集部に仕事をもらえないかという打診をしました。でも、原稿を書けと言ってくれるところはどこにもありませんでした。
 集英社の山田裕樹氏が〈小説すばる〉にエッセイを書くようにと言ってくれたのは、作家をやめて何か別の仕事を探そうと思っていたときでした。もちろん、僕は山田氏の言葉に飛びつきました。数本のエッセイの後、彼はさらに〈小説すばる〉に短篇を書かせてくれたのです。「ホワイトノイズ」というホラーっぽい1篇が井上夢人の短篇デビューとなりました。そのあと同テーマの短篇を連作として書き、まとめたものが『あくむ』です。
 山田裕樹氏が、井上夢人を小説家として救い上げてくれなかったら、今の僕はありません。