Junkyard

 

2017/03/13
井上夢人 小説

『99人の最終電車』──竹内重良

物語の最初から最後まで同じ場所で目を光らせる人物もいます。
《竹内重良》も、警視庁捜査一課の刑事です。

 
 
沖崎勲が移動部隊の頭であるとするなら、竹内は待ち伏せ部隊の頭であり捜査本部においては現場の総指揮者となる猛者です。
 誘拐捜査において、特に身代金受け渡しの実行犯を捕えるべく待機している捜査部隊に「万全」ということはありませんが、彼らはそれを目指します。

 《竹内重良》の最初のページはこちらです。