Junkyard

 

2017/03/01
井上夢人 小説

『99人の最終電車』──石垣和博

3年の間、同じ時刻に同じ駅を発車する最終電車に繰返し乗り続けている男がいます。
《石垣和博》という男です。

 
 
乗り合わせた他の乗客たちから目撃されてはいますが、彼は一人です。
 自分だけの世界を作り、自分だけの考えを頭に巡らせています。

 The Beatlesに"Nowhere Man"という曲があるのですが、この石垣和博はその曲の中から引きずり出されてきたような人物です。
 曲の中で、John Lennonは「彼って、君や僕に似てると思わないか?」と問い掛けます。うん、と僕はうなずいてしまいます。

《石垣和博》の最初のページはこちらです。